ジェルネイルを楽しむには【信頼のおけるサロンを見つける】

爪が薄くなる原因

手元

処理の仕方に注意する

透明で美しいジェルネイルは見ているだけで気分が高揚してくるものですが、ケアを間違えると爪を痛めることになるので注意が必要です。特にジェルネイル初心者は処理の仕方を間違えてしまうため、爪が薄くもろくなってしまいがちです。ジェルネイルはネイルサロンで施術してもらいますが、爪が伸びてくるとネイルサロンに行かずに自分でオフをしがちです。自分でジェルネイルをオフするときには無理やり剥がしたりすると自分の爪も一緒に少し剥がれてしまうことが爪が薄くなる原因です。もし、爪が伸びたり、ジェルが浮いてきたら無理やり剥がさずに適切な処置を行うか、ネイルサロンで処置してもらうようにしてください。また、爪が薄くボロボロになってしまう原因としては爪を削りすぎてしまうこともあります。ジェルネイルをするときには密着性をあげるためにサンディングという爪に傷を入れる作業を行います。このサンディングをやりすぎると爪が薄くなってボロボロになってしまいます。オフのときにはある程度ファイル掛けでジェルを削りますが、そのときに爪まで削ってしまうことも爪が薄くなる原因です。常に新しいジェルネイルをしたいと何度も付け替えたりすると爪が薄くボロボロになってしまいます。傷んだ爪にはジェルがうまく密着できず、すぐに剥がれてしまい、また付け直すの悪循環となります。頻繁にジェルネイルを付け替えずに爪を休ませる期間を設けるように心がけてください。

Copyright© 2018 ジェルネイルを楽しむには【信頼のおけるサロンを見つける】 All Rights Reserved.